第4回「ドイツ語圏のあれこれに触れてみよう!」(上映会のお知らせ)

第4回「ドイツ語圏のあれこれに触れてみよう!」(上映会のお知らせ)

2019年06月24日

「善き人のためのソナタDas Leben der Anderen」上映会

  • 日時:2019年6月26日(水)16時30分~
  • 場所:国際ラウンジ

ドイツ語を選択している皆さんはもちろん、他の言語を選択している皆さんも、この機会にぜひ飲み物やお菓子を持参して、気軽に参加してみましょう!以下は、増田先生からの案内文です。

DDR 月間上映会の第二弾は「善き人のためのソナタDas Leben der Anderen」を上映します。東ドイツは事実上の一党独裁体制を敷き、国家保安省(シュタージ)と呼ばれる秘密警察組織が国家体制を守るために国民に対する厳しい統制と監視を行っていました。その監視網は正規職員と非公式協力者(密告者)を合わせて190万人に及び、それ以外の関係者も含めると東ドイツ人口の約1割は秘密警察に何らかの関りがあったと言われています。「善き人のためのソナタ」は、このナチ期のゲシュタポや旧ソ連のKGBをも凌ぐとさえ評された東ドイツ・シュタージの要員と、その監視対象となった劇作家の目に見えぬ、しかし心の琴線に触れるささやかな交わりを描きます。本作は第79回アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、全世界で38の映画賞を受賞しました。「ドイツ映画史上、最も素晴らしい作品である」との声もある本タイトルをどうぞご覧ください。

増田好純(ドイツ語担当)