公共交通機関の不通・遅延による定期試験の遅刻・欠席の取り扱いについて

  • Home >
  • ニュース >
  • 公共交通機関の不通・遅延による定期試験の遅刻・欠席の取り扱いについて

公共交通機関の不通・遅延による定期試験の遅刻・欠席の取り扱いについて

2018年01月24日

冬季は、雪害などにより公共交通機関の遅延・不通が生じる場合がありますので、試験開始に間に合うよう注意をしてください。
公共交通機関の遅延により定期試験を欠席する場合は、公共交通機関から「不通証明書」または「遅延証明書」の発行を受けてください。追試験の手続きをする際必要となります。

【遅刻の場合】

  • 試験開始後から30分までは入室・受験することができます。

 

【欠席の場合】

  • 定期試験を欠席する場合は、あらかじめ教育支援課に電話で申し出てください。
  • 「追試験願」と公共交通機関の発行する「不通証明書」又は「遅延証明書」を1月31日(水)17:00までに教育支援課③窓口に提出してください。
PAGE TOP