学費とQ&A

  • Home >
  • 奨学金・学費・実習費 >
  • 学費とQ&A

学費・諸納付金

大学短期大学部大学院

 

学費に関するQ&A

Q:家計の事情で、期日までに授業料等の納入が難しいのですが、何か方法はありますか?

A:延納制度により納入期限を延伸することが可能です。
経済的その他止むを得ない事情によって、期限までの納入が困難な場合は、学費等延納制度により納入期限を延伸することが可能です。財務課までご相談ください。

Q:学費減免制度はありますか?

A:本学では以下のような減免制度を設けています。

兄弟姉妹同時在学者減免(大学院・大学・短大部)

申請窓口 財務課
申請期間 4月中旬(毎年度願出が必要です。)
内  容 兄弟・姉妹等で大学、短大部、大学院に同時に2人以上が1年を通じて在学している場合に、下級年次に在籍している学生の当該年度の「教育充実費」相当額を免除します。戸籍謄本(写)の添付をお願いしています。
減免申請書 兄弟姉妹等減免
兄弟姉妹減免願_3名以上追加分

身体・精神障害修学者減免(大学院・大学・短大部)

申請窓口 財務課
申請期間 4月中旬(毎年度願出が必要です。)
内  容 身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持し、本学の定める単位数※を取得している場合、当該年度の「教育充実費」年額の1/2相当額を免除します。それぞれの手帳の写しの添付をお願いしています。
減免申請書 身体・精神障害者減免願

修学困窮者減免(大学・短大部)

申請窓口 学生生活支援課
申請期間 随時受付
内  容 学費負担者(主として生計を支えている者)の死亡・病気・自己都合以外の理由での失職(解雇・倒産等)や災害等により家計が急変し、本学の定める単位数を取得している場合、当該年度の「授業料」年額の1/2相当額を免除します。それぞれの状況により条件やご提出いただく書類等が異なります。
減免申請書 修学困窮者減免願

※本学の定める単位数の条件

  • 学部の学生については、1年次の学生を除き、修得単位数が2年次の学生は30単位以上、3年次の学生は60単位以上及び4年次の学生は90単位以上であること。
  • 短期大学部の学生については、1年次の学生を除き、30単位以上の単位を修得していること。
  • 大学院の院生については、1年次の院生を除き、2年次の院生の修得単位数が16単位以上であること。

Q:休学期間中も授業料等の納入は必要ですか?

A:所定の期日までに手続きをすれば必要ありません。
どのような事由による休学でも、所定の期日までに休学手続きをしていただければ、休学期間中の授業料等学費は納入する必要がありません。ただし、復学後の学費は休学期間によって異なります。詳細は財務課までお問合せください。
なお、休学に関する手続きの詳細は大学生活ガイドQ&Aのページをご覧ください。

Q:授業料の納入にあたって、銀行からの融資を受けたいのですが、なにか情報はないでしょうか?

A:学費等への融資については、銀行等の各金融機関や国の他、各地方自治体でも取り扱っている場合があります。詳細は直接、各窓口にお問合せください。

 

PAGE TOP