キャンパスハラスメント

  • Home >
  • 学生相談 >
  • キャンパスハラスメント

 

概要
相談窓口
ハラスメント事例

キャンパスハラスメントとは?

  • キャンパスの中、すなわち大学・大学院・短期大学部などの教育研究の場で起こるあらゆる形の嫌がらせや人権侵害のことをいいます。対等ではない関係の中での不当な・攻撃的・誇りを傷つける行動、習慣的な行為、あるいは振る舞いは、すべて「ハラスメント」と定義されます。キャンパス・ハラスメントには「アカデミック・ハラスメント」(=教育研究の場における権力を利用した嫌がらせ)、「セクシュアル・ハラスメント」(=相手の望まない性的言動により不快感を与える行為)、「その他のハラスメント」(=人種差別やアルコールハラスメント等その他の人権侵害・嫌がらせ)が含まれます。
  • キャンパス・ハラスメントを防ぐためには、相手を尊重するとともに、日常のコミュニケーションがどれだけ上手く取れているかが、最も“重要な鍵”になります。ちょっとした言葉が、のちのち大問題とならないよう、エチケットを考えて行動する必要がありそうです。

キャンパスハラスメントだと感じたら?

  • キャンパス・ハラスメントを「習慣」として受け入れず、冗談でごまかそうとする態度を許さないでください。相手に「不快だ」、「嫌だ」、「自分は望んでいない」と思っていることを伝えましょう。相手が目上の人や先輩であっても、はっきりNO!と伝えていいのです。
  • 「自分に落ち度があったのではないか」などと自分を責める必要はありません。他人の言動の責任をあなたが負う必要はないのです。
  • たとえ相手にNOといえなくても、自分を責めないようにしましょう。声を上げることは時にとても勇気のいることです。

キャンパス・ハラスメントを目撃したら?

  • 不快な場面を目撃したら、加害者にそれを伝えるか、友人や相談窓口などに伝えることが大切です。行動をおこすのはとても勇気がいりますが、見過ごしていくと、第2、第3のキャンパス・ハラスメントを繰り返すことになるかも知れません。あなたが声をあげることによって、理解する仲間が集まり、キャンパスからキャンパス・ハラスメントを排除することが可能となっていくでしょう。

まずどこに相談したらいいか?

「信頼できる人へ」

  • 一人で悩まず話をするということが負担を軽減し、それが二次被害の防止にもつながっていきます。
    とは言っても、誰に話してもいいということではないので、誰にまず話すかということが非常に重要になってきます。
  • あなたがこの人なら信頼できると思える友人や、秘密が守られる信頼のおける人に相談してみましょう。人に話すことが癒されることへの重要なステップになることがあります。

「大学の相談窓口(相談員)」

  • 大学では、キャンパス・ハラスメントについての相談に応じるために、総合相談窓口、学生相談室、医務室、各学部の相談窓口に相談員を配置していますので、あなたが最も利用しやすいところへ相談に行ってください。その際、匿名で相談することもできます。
  • 投書、手紙、電話、FAX、電子メールなどでも受け付けています。もし相談に行きにくい時には、これらの方法のうちで一番利用しやすい方法で相談してください。
  • 一人で相談するのが不安な時は、親しい友人などに一緒に行ってもらいましょう。本人ではなく、事情を知る第3者(あなたの友人・知人など)が相談することもできます。

「その他」

  • 弁護士に相談をするという方法もあります。匿名性は守られ、どんな状況で、何をすべきか、ある程度適切なアドバイスが得られると思います。
  • 暴力に関することがらについては、警察の介入が必要となる場合もあります。現在はストーカー防止法、DV(ドメスティック・バイオレンス)法などが施行され、専門の窓口も増えてきています。
  • 眠れない、胸がドキドキするなどの身体症状がある場合、クリニックに通ったりカウンセリングを受けたりするという方法もあります。
  • ショックのため、すぐ行動できないこともあります。もう少し気持ちの整理をつけてから行動を起こしたいと思うときもあるでしょう。また、何もしない、という方法もあります。

自分が加害者にならないためには?

特別な人だけがキャンパス・ハラスメントの加害者になるという訳ではありません。誰でも加害者、被害者に成りうるのです。あなたが全く意識していないのに、相手に不快な思いをさせている場合もあります。あなたがキャンパス・ハラスメントの加害者とならないように、以下のことも覚えておいてください。

  • 親しさを表す言動であっても、本人の意図とは関係なく相手を不快にさせてしまうことがある。
  • この程度のことは、相手も許容するだろうという勝手な思い込みをしない。
  • 相手との良好な人間関係ができていると、勝手な思い込みをしない。
  • 相手が拒否し、嫌がっていることが分った場合、同じ言動を決して繰り返さない。

相談を受ける際の留意点は?

support_hment_img02

  • 途中で話を遮ったりせず、とにかく相手の話を聴く
    話を最後まで聴き、それを受け止めることで被害者を安心させましょう。
  • 被害者の立場に立って、被害者本人の意思を確認する
    何がしたいのか、したくないのか、または何をしてほしいのか、してほしくないのか、必ず本人の意思を確認し、決して被害者を批判したり責めたりしないようにしましょう。
  • 被害者の話を疑うことは言わない
    「気のせいじゃないの」「そんな話、信じられない」「あなたのほうが悪い」など被害者を非難する言動はつつしみましょう。被害者を非難することは、キャンパス・ハラスメントの二次的被害であり、被害者をよりいっそう精神的に追い詰めることになります。
  • 被害者のプライバシーを守る
    被害者が望めば相談窓口に同行したり、証人になることが必要なときがあるかも知れません。被害者のプライバシーを守ることを決して忘れないで下さい。
  • あなた自身の心のケア
    相談を受けたあなた自身の心のケアが必要なこともあります。その際も、相談窓口を利用してください。

本学規程と申立書

危機管理に関する規程

キャンパス・ハラスメントの学内相談窓口

総合相談窓口をはじめとして、学生相談室、医務室、チャプレン室、国際教育センター、各課窓口にて随時受け付けています。

総合相談窓口

開室時間 平日(月~金) 8:45~17:00
TEL(代表) 011-891-2731
e-mail madoguchi@hokusei.ac.jp

学生相談室

開室時間 平日(月~金) 9:00~17:00
TEL(直通) 011-891-3929
e-mail gakuseisoudan@hokusei.ac.jp

キャンパス・ハラスメントの学外相談窓口

氏名 連絡方法
新田 正弘 弁護士 TEL:011-261-3177 
FAX:011-261-3178
淺松 千寿(女性)弁護士
(あさまつ ちひろ)
e-mail:
asamatsu@naka-asa.com

セクシャル・ハラスメント相談窓口

所属学部等 相談員氏名
文学部 松浦 年男、田村早苗
経済学部 楠木 敦、黄 雅雯
社会福祉学部 宮崎 靖士、西原 明希
短期大学部 k.アッカーマン、風戸 真理
国際教育センター 岡田 みさを
カウンセラー 近田 佳江
医務室 城田 円佳

アカデミック・ハラスメント参考事例

ここに掲載する事例は多くの大学で報告されている例をまとめたものです。ただし、その状況が起きる前後の経緯等にもよりますので、アカデミック・ハラスメントの概要を把握していただく参考として捉えてください。

自分が納得できない場合には、きちんと説明をしてもらうことも重要です。そのためには相手と充分に話しあい、コミュニケーションを深めることが必要です。

参考事例

support_hment_img03

  1. 学生の研究・学習に対する妨害・嫌がらせ
    • 正当な理由がなく本人の希望に反する研究や学習・研究計画を押し付ける。
  2. 講義・演習等における教育・指導の面での差別的な取り扱い
    • 嫌いなタイプの学生に対して指導を拒否したり侮辱的言辞を言ったりする。
  3. 学生の授業・研究結果に対する不当な評価
    • 正当な理由なく単位を与えない。
  4. 成績評価の結果やその根拠の開示を求める学生の請求に関する不当な拒否
    • 単位を与えられない理由について説明しない。
  5. 教員の職務・職務外での奉仕の強要
    • 教授の学会発表のデータ作りを、学生に徹夜で仕上げることを強要。
    • プライベートな行動に付き合うことを強要。
  6. 学生を萎縮させるような強圧的な対応
    • ささいなミスを大声で叱責する。
    • 「卒業させない」「君には論文を書かせない」などと言う。
  7. 学生を劣等者扱いするような侮辱的な対応
    • 「こんなことも分からないで、よく大学に入ってきたな。」
    • 「こんなものを見るのは時間の無駄だ。」
  8. 学生のプライバシーの侵害
    • 家族関係・友人・恋人のことなど、プライベートについて根掘り葉掘り聞く。
  9. その他学生がアカデミック・ハラスメントと認知する言動

セクシャル・ハラスメント参考事例

support_hment_img04

多くの大学で報告されている言葉、行動、視線などによる具体例を類型別にまとめたものです。

  1. 言葉によるセクシャル・ハラスメント
    • 教師の卑猥な発言について抗議をしたら、「冗談の通じないような学生には単位をやれない」と言われた。
    • 体育祭の試合の最中に、ペアを組んだ男性にいきなり容姿について不快なことを言われた。
    • サークルの同性の先輩に「女のくせに鈍感」と言われた。女性は細やかに気配りするものという性役割を押しつけられた感じがして嫌な気分になった。
    • ミニスカートをはいているときに卑猥なことを言われた。ある場所に相談に行ったが大した問題として扱われず、うやむやにされた上、「短いのをはいているから」と注意された。
  2. 行動によるセクシャル・ハラスメント
    • 講義中やたらと肩や腰に触れる教員がいるが、単位のことが心配で抗議できない。
    • コンパの席で先輩から胸を触られた。その時はそれで済んだが、「意外と胸が小さい」と言いふらされていた。
    • 交際を断った相手から毎晩電話があり、交際を迫られる。学校でもすぐ後の席に座りじっと見ている。友人の先輩なのであまりひどいことが言えなかった。
    • 授業のグループ研究で、男女で協力して仕上げたにもかかわらず、担当教員は男子学生を高く評価し、女子学生は補助的なポジションに置かれた。性別によって対応が異なるのは納得がいかない。
    • サークルのコンパでイッキ飲みを始めた。自分は飲めないので断ったが「男のくせにできないのか」「男らしくない」などと一斉に非難を浴びて無理やり飲まされた。
    • 交際を断った相手が、毎晩のように後をつけたり、留守電に性的なメッセージを入れたりする。無言電話も多く、電話の音を聞くたびに怖くてたまらない。
  3. 視覚によるセクシャル・ハラスメント
    • ある教員は会うたびに、上から下までジロジロとなめまわすように見る。
    • 先輩で、いつもニヤニヤしながらじっと見つめる人がいる。性的な対象として見られているようで不快だ。
    • サークルの部屋にヌードのポスターが貼ってあったり、卑猥な言葉が壁に書いてあり不快だ。
    • 大学のパソコン教室で、アダルトページを見ている人がいて不快だ。

 

PAGE TOP