学習支援プログラム

学習支援プログラム

学習支援プログラムとは、学習サポートセンターで提供しているカウンターでの相談対応、個別学習支援、学習セミナーの総称です。学習支援プログラムを受けるときは、まずラーニング・コモンズ内のカウンターにてヒアリングを行います。その後、適切な支援先へと誘導します。

カウンター相談

カウンター相談では助教と助手が学習に関する相談を受け付けています。こういうことを勉強したいがどうやって勉強すればいいかわからない、自分が今何で困っているかもわからないなど学習に関することであれば、お気軽にご相談いただけます。相談の中では、学生自らが何を行動すべきかを理解し、自ら進んで対応できるように支援を行います。具体的な支援内容としては、学生が適切な支援を受けられるようアドバイスを行ったり、適切な支援を実施しているところへ誘導したりします。また支援の中で、学生本人に対して課題などの「答え」を教えることはありません。

個別学習支援

基本的にはマンツーマンの支援です。個別学習支援ではより専門的な知識・技術を用いて個々の問題を解決するための指導やアドバイスを行います。個別学習支援は学習や講義の中で躓きを覚えた学生向けの支援サービスでもあります(授業の補講を行う場ではありません)。一方でより自分の知識を深めたい、技能を身に着けたいという学生を支援するサービスも行っています。支援を受けるにはラーニング・コモンズ内の受付カウンターにて申込みが必要となります(ランチタイム数楽のみ、申込不要)。事前予約も受け付けています。
個別学習支援名 支援内容 申込みの有無
日本語ライティングレポートの添削や文章の組み立て方を支援
統計アワー 統計手法に関する解説や解析結果の見方に関するアドバイス
ランチタイム数楽 自分のレベルに合った問題を解く(わからない部分は先輩サポーターが教えてくれます) 不要
プレゼントレーニング プレゼン資料のデザインや話の流れ、発表方法に対するアドバイス

学習セミナー

学習セミナーでは汎用的なスタディスキルや専門的なアカデミックスキルを紹介しています。所属学部学科、学年、履修科目等の違いを問わず大学生活やその後の社会生活で役立つスキルを体験することができます。取り扱うスキルは年度によって異なる場合があります。その時々で自分に合ったスキルを選択し、受講することで大学を出てからも役立つスキルを身につけることができます。 申込みは不要で、開催されている時間帯に受付カウンターに受講希望であることを伝えると受講できます。開催曜日や時間は年度によって異なります。