通学にあたって・定期券購入方法

  • Home >
  • 大学生活ガイド >
  • 通学にあたって・定期券購入方法

 


通学定期券の購入について

通学定期券は、居住地(現住所)から大学までの最短を結ぶ経路でのみ購入可能です。
通学以外の目的(アルバイト等)で乗降区間・乗継区間・接続駅(バス停・JR)を利用することができません。

JR北海道(列車)

JR北海道(列車)の通学定期券について

【購入に必要なもの】
  • ①「JR身分証明書(通学定期乗車券購入用)」は大学の証明が必要です。
JR北海道電話案内センター

Tel:011-222-7111 / 6時30分〜22時00分

 

ジェイ・アール北海道バス

ジェイ・アール北海道バスの通学定期券(地下鉄を乗り継がない場合)について

【購入に必要なもの】
  • ①学生証
  • ②住所が確認できる書類(本人宛の郵便物など)

札幌市営交通(地下鉄)との乗継(乗継可能区間)通学定期券について

ジェイ・アール北海道バスと「地下鉄」との乗継定期券は、札幌市交通局定期券発売窓口での発売となります。
なお、一部区間においてバスと地下鉄を乗り継ぎすることができない区間がありますので、詳しくは、札幌市交通局各定期券発売窓口もしくは札幌市交通案内センターにお問い合わせください。

【購入に必要なもの】
  • ①学生証
  • ②通学証明書(本学所定様式)
ジェイ・アール北海道バス(本社営業部)

Tel:011-622-8111 / 9時00分〜18時00分(平日のみ)

 

札幌市営交通(地下鉄・市電)

札幌市営交通(地下鉄・市電)の通学定期券について

【購入に必要なもの】
  • ①学生証

他の交通機関(バス)と地下鉄との乗継定期券の購入

地下鉄と「ジェイ・アール北海道バス」、「北海道中央バス」、「じょうてつバス」との乗継定期券は、札幌市交通局定期券発売窓口での発売となります。
なお、一部区間においてバスと地下鉄を乗り継ぎすることができない区間がありますので、詳しくは、札幌市交通局各定期券発売窓口もしくは札幌市交通案内センターにお問い合わせください。

【購入に必要なもの】
  • ①学生証
  • ②通学証明書(本学所定様式)
札幌市交通案内センター

TEL:011-232-2277 / 8時00分〜20時00分(平日) 10時00分〜18時00分(土・日・祝日)

 

北海道中央バス

北海道中央バスの通学定期券(地下鉄を乗り継がない場合)について

【購入に必要なもの】
  • ①学生証
  • ②通学証明書(本学所定様式)
  • ③通学(通園)定期乗車券購入申込書

札幌市営交通(地下鉄)との乗継定期券

北海道中央バスと「地下鉄」との乗継定期券は、札幌市交通局定期券発売窓口での発売となります。
なお、一部区間においてバスと地下鉄を乗り継ぎすることができない区間がありますので、詳しくは、札幌市交通局各定期券発売窓口もしくは札幌市交通案内センターにお問い合わせください。

【購入に必要なもの】
  • ①学生証
  • ②通学証明書(本学所定様式)
北海道中央バス(札幌ターミナル)

Tel:011-231-0500 / 8時00分〜19時00分

 

上記以外の公共交通機関

commute_img01

各交通機関にお問い合わせのうえ購入してください。学生証の他に各交通機関所定の購入申込書が必要な場合があります。その購入申込書に本学の証明が必要な場合は、オリエンテーション開始日以降、必要事項を記入して学生生活支援課(⑨番窓口)までお持ちください。証明書の発行は、13時までに申し込まれた場合は翌日、13時過ぎに申し込まれた場合は翌々日となります。

なお、学生証は入学式で交付を行うため、購入の際に学生証が必要な場合は、入学式前に定期券を購入することができませんのでご注意ください。

 

各種証明書についての注意

通学証明書 ・オリエンテーション資料の袋に同封します。
・本学所定様式:A4サイズ
・住所記入欄に黒の消えないボールペンで住所を記入してください。
JR身分証明書
(通学定期乗車券購入用)
・JR所定様式で、大学の証明が必要です。
・申込書は学生活支援課にあります。
通学(通園)定期
乗車券購入申込書
・北海道中央バス所定様式で、大学の証明が必要です。
・申込書は中央バス定期券発売所及び学生生活支援課にあります。

 

自動車通学は禁止です

commute_img02

本学は、最寄に地下鉄大谷地駅・大谷地バスターミナルがあり自動車通学の必要があるとは考えられません。したがって、構内には学生用の駐車場がありません。残念なことに、禁止されているにもかかわらず、自動車・バイクで通学し大学付近の路上・他人(商業店舗)の敷地内に不法・迷惑駐車を行う学生がいます。

見つめなおそう交通マナー

『車社会』の現代、交通事故による死亡者数が増加の一途をたどっています。
特に若者による事故が多発しているのが特徴です。技術が未熟なのはもちろんのこと、安全運転義務や交通ルールが守られていないことが最大の理由となっています。
本学学生にあっても例外ではありません。いま一度、交通マナーを見つめなおしてください。

自動車の乗り入れが許可される場合

  1. 身体に障害をもっている場合や、病気・ケガなどで公共の交通機関を利用しての通学が困難な場合。
  2. 授業の調査・研究やサークル活動で対外試合に行くときなど、荷物・道具の搬入・搬出が必要な場合。

このような特別な理由がある場合は、事前に学生生活支援課学生係に相談してください。

迷惑駐車に苦情が殺到

図:迷惑駐車に苦情が殺到

大学周辺や町内の路上に迷惑・違法駐車をしている学生がいます。これは地域住民に大変な迷惑をかけるばかりでなく、特に冬期間の除雪や緊急車輌の妨げになるので、絶対にやめましょう。
該当者には学生生活支援課で学則に基づく処分等、厳重なる対応を行います。

※土曜・日曜・祝日、夜間および夏・冬・春季休業中は、自動車通学しても良いと、勝手に思いこんでいる学生を多く見うけますが、許可を受けていない限り、いかなる時でも自動車通学は認めていません。

サイクリングロードの通行 ―自転車は左側、歩行者は右側通行です―

写真:サイクリングロード

通行区分を示す、路面上のペイント矢印

地下鉄大谷地駅から、また栄通21丁目方面からの通学に、多くの学生はサイクリングロードを利用することでしょう。このサイクリングロードの通行について、近隣住民の方からの苦情が多く寄せられています。具体的には、「道いっぱいに広がって歩くので、一般の自転車や歩行者が通行できない」、「学生の歩きタバコの火が、子どもの顔に付きそうになった」、「猛スピードの自転車にはねられそうになった」など、数多く寄せられています。

言うまでも無く、サイクリングロードは公共の場所であり、利用するにあたって、本学の学生には大人としての自覚と他者への配慮が求められています。
サイクリングロードを通行する場合は、次のことを忘れないでください。

  • 歩行者は右側の端を通行すること。横に広がって歩行しないこと。
  • 自転車は左側通行すること。歩行者が多い場合などは、徐行・一時停止するなどして、歩行者に十分注意すること。
  • 歩行者、自転車ともに、タバコを吸いながらの通行は絶対にしないこと。

 

PAGE TOP