地震・災害、緊急時の対応

  • Home >
  • 大学生活ガイド >
  • 地震・災害、緊急時の対応

緊急時とは

「災害は、忘れた頃にやってくる」と言われます。日頃、注意はしているつもりでも、生命や財産に危険を及ぼす可能性がある状況が起こりえます。これらの状況を「緊急時」とし、大学内での例を以下に示します。

  • 大規模な地震や台風などの自然災害や火災が発生した場合
  • 不審者がキャンパス内に侵入した場合
  • みなさんが何らかの事件や事故に遭遇した場合
  • 感染症が発症した場合  など

緊急時には、安全確保等を目的に、大学を立ち入り禁止にしたり、臨時的に授業を休講する措置をとることもあります。
みなさんは、緊急時であっても落ち着いて、適切な行動をとってください。

避難

避難が必要な場合は、校内非常放送が流れます。放送の指示とともに、教職員が指示しますので、誘導に従い、多目的グラウンド(A館、B館の南側、陸上トラックがあるグラウンド)などへ集合してください。

安全の確保と救命

緊急時には、第一に自分の安全を確保してください。次に、負傷者がいる場合は、最寄りの課や教職員に救助を依頼してください。

緊急連絡とメモ

キャンパス内で火災を発見した場合、負傷者を発見した場合、震災等で実家や自宅が災害にあった場合、自分が事件等に遭遇したなどの場合は、最寄りの課や教職員に至急連絡してください。日曜日などで事務窓口休業の時には、A館1階の守衛室に連絡してください。その際は状況(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにしていた)をできるだけメモに残すなどしておいてください(必要な場合は事実の確認など協力をお願いすることがあります)。

安否の連絡

大規模震災時には、大学から全学生の安否確認を行うことは実質的に困難となりますので、みなさんの安否について連絡が必要な場合は、保護者等の方から、学生生活支援課にお知らせください。このことについては、ご両親など保護者等の方へ伝達しておいてください。

大学からの情報伝達方法について

emaergency_map緊急時には、校内非常放送、デジタルサイネージ、大学サイト「緊急告知」として掲載します)、大学正門及び第2研究棟北側のサイクリングロード付近に大型掲示により連絡します。緊急時には、大学へ向かう前に、大学サイトを確認してください。

なお、大学ホームページが使用不能となるような大規模震災等の場合は、新聞、テレビ、ラジオなどにより情報を発信しますので、注意してください。

 

PAGE TOP