ニュース

みなさんへ

学生部長  中 村 和 彦

 今日8月14日で、暦上の前期授業期間は終了となり、明日から夏季休業に入ります。とはいえ、「いつもの夏」ではなく「特別な夏」、いや、「記憶に残る夏」となることでしょう。夏季休業に入るにあたり、今年度の三度目となりますが、みなさんにメッセージを、お伝えしたいと思います。

 2020年の夏が「記憶に残る夏」になることは間違いありません。いいえ、2020年が歴史的に「記憶に刻まれる年」になることでしょう。しかも凡そ、全世界の人々が同時期に同様の直接的体験や経験をして記憶に刻むことになる、人類史上、初めてといってよい課題に日々、直面し続けているわけです。

 ところで夏季休業に入るといっても、迷い悩みながら就職活動を継続している学生さんが多くいます。自分の目指すところを見据え、汗を拭いながら、さまざまな実習に取組む学生さんも多いことでしょう。新しいことにチャレンジしようと計画を練っている学生さんも知っています。北星としては、課外活動(サークル活動)を再開できるよう、大学としても準備を開始しましたし、学生諸君にCOVID-19禍のなかで、如何に活動をおこなうことができるか、自主的・自律的な計画立案をお願いしたところです。

 他方で、感染経路を辿ることができない者の増加、市中感染の拡大、ライブハウスや医療機関でのクラスター発生、そして、若者の感染者が増えていることが明らかになっています。すでに近隣大学の学生の感染が複数、報告されています。本学においても、感染者が確認されることは現実的なこととして、「いま、目の前にある危機」として認識しておかなければなりません。

 「私は、普段から免疫力を高めているから感染しない」と豪語し、感染した者は、あたかも「自己努力」を怠っているかのような風潮、「私は、本当はマスクなんかしたくない。周りが神経質すぎる」と他者を揶揄するかの如くの発言、そのようなことも連日の報道からは聞こえてきます。歪んだ「自己責任論」と「感染」が結び付けられて、偏見や差別が助長されるようなことがあってはなりません。「寛容」の精神を大切に、一人ひとりの「的確な判断」と「適切な行動」により、継続する難局を乗り越えていきましょう。

 いずれにしても、さまざまなことが日々、報道されようとも、「COVID-19に感染しない、感染させない、媒介者にならない」継続的な取組み、「手洗い」、「検温」、「マスク」、会話や飲食等々、「密」な状況を決して作らないことを徹底して下さい。また例年、夏には注意を促しています、車等による交通事故、水難事故等々にも十分気を付けて下さい。

 みなさんにとって、この夏が、「良い思い出が詰まった夏」になることを期待しています。そして9月からの後期、多くの学生さんと大谷地キャンパスで、直接お会いできる機会に恵まれることを心の奥底から願っています。

下記の2日間は、事務窓口閉鎖のため証明書の発行業務(証明書発行機も含む)を停止致します。各種証明書が必要な方は早めに手続きをしてください。

また、郵送によるお申込みをご希望される場合も、証明書発行業務停止日までに余裕をもってお申込みください。郵送によるお申込みの場合、本学への到着が8月15日(土)以降のものにつきましては、8月19日(水)以降の発行・発送となりますのでご留意ください。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

<証明書発行業務停止日程>
2020年8月17日(月)、18日(火)

202083

北星学園大学 教育支援課

学生、ご家族の皆様

北星学園大学・北星学園大学短期大学部
学長 大坊 郁夫

後期の授業について

 新型コロナウイルスの影響はとても大きく、前期は、ほぼ非対面の授業となり当初は大きな戸惑いや、画面越しの授業に不安もあったことと思います。皆さんの生命と健康を守りつつ、教育を決して止めることなく確実に行うことを最優先に考え、ようやく7月の後半になり緊急性の高い一部の学科の限られた少人数の実験、実習、演習の授業について、感染予防の対応を徹底して大学キャンパスでの対面授業を開始することができました。
 前期は制約のある状況の中での授業展開について、様々な工夫・努力をしてきました。とりわけ遠隔授業の開始時期の5月までは授業の準備、展開の仕方の工夫、学生の皆さんへの新たな取り組みついての周知、さらに通信環境整備に試行錯誤の連続でした。その後も、コロナウイルスの感染状況の推移、感染予防等について、学生の皆さんのおかれている状況の把握安堵に努めてきました。
 学生の多くの皆さんは、後期の授業がどうなのだろうと不安に思っておられることでしょう。「大学の学び」とは、共有の仕方は一つではありませんが、場を共有して仲間が互いに顔を合わせて意見を交換し、さらに授業だけではなく大学の場を通じて多様な交流があってこその大学生活だと思います。場を共にすることによって、人はコミュニケーションし、様々な関係を築くのです。その中で自分のことを認めてもらい、相手のことを認め合うことで理解し、仲間として、同じ大学の一員としての一体感ができるはずです。
 後期は、感染予防を十分に行い、いくつかの条件を設定して、対面授業の実施を拡大する授業運営を行って参ります。
 これまでも感染予防することを最優先にし、互いの健康を維持するということを大前提にして授業展開をしてきました。この前提は揺るぎません。緊急事態宣言解除後は、円滑に授業運営をするため、学生の皆さん、そしてご家族の皆様から多くのご意見をいただいております。「感染へのおそれから外出・登校を控えたい」などのご意見がある一方で、他方では「小中高は既に対面授業に移行しているのに、なぜ大学だけはオンラインのままなのか」、「経済活動も再開し、観光も再開しているのになぜ大学はキャンパスの再開ができないのか」、というご批判も多く寄せられております。しかしながら、自分の教室と机が決まっている小中高とは異なり、本学の大谷地キャンパスでは、4学部、約4300名の学生、非常勤の教職員の方々も含めて約500名の教職員がキャンパスに集い、毎時間ごとに、別々の大中小の教室を移動しながら利用することになり、通常の対面授業を全面的に再開するには多くの課題が存在します。
 後期は、いわゆる「3密」を避け、キャンパスでの「学び」と「キャンパスライフ」の価値と意味をあらためて確認し、オンラインとオンキャンパスを有機的に組合せつつ、学生同士及び教職員とのコミュニケーションをより一層十分なものにし、大学での学びを工夫した対面授業を取り入れた授業運営を行って参ります。パソコンの画面を通してではなく、実際に自らの体で、場を共にすることによってコミュニケーションし体験をすることは、様々な関係を築くのに限りなく重要だからです。

 今や我々は、新型コロナウイルス感染のリスクを上手くコントロールした「新たな生活様式」を求められています。クラブやサークル等の課外活動については、十分な活動機会がなかったことでしょう。特に1年生の場合には、先輩とのつながりはウェブでの限られた情報にしか触れられなかったことには忸怩たるものがあります。また在校生は伝統ある部活動の存続を心配されているかもしれません。課外活動の再開に向けては、活動形態を勘案した安全活動ガイドラインを作成しており、それを踏まえながら夏休み中からの活動の再開を目指すとともに、1年生へのクラブ・サークル紹介を後期授業開始前に対面で実施する予定で準備を進めております。
 図書館利用につきましても前期は、郵送による貸出対応や、利用時間の短縮などの制限を行って参りましたが、後期はもっと利用しやすい方法を検討いたします。
 学生の皆さんが、前期授業期間を、生命と健康を守って、自粛、節制して遠隔授業を受け続けてくれたことに感謝しています。今週末からは夏季休業期間に入り、これまでのような夏休みの計画を立てることは難しいですが、感染対策も加え、例年以上に、事故やさまざまな被害にあわぬよう細心の注意を払って下さい。この夏の学生の皆さんの健康をお祈りし、皆さんが元気に後期の授業開始日を迎えてくれることを期待しています。
 また、この間、多くのご家族や卒業生から通信環境整備、本学の教育環境充実のために寄付をいただいており、皆様に深く感謝いたします。
 今後、冬に向けて感染リスクが高まることも十分予想されます。その場合は迅速に遠隔授業に移行できるようにして、学生、教職員の生命を守ることを最優先としつつ、本学の社会的責任を十分に果たせるように教職員一同、全力を注ぎますので、今後とも皆様のご理解とご協力を頂けますようお願い申し上げます。

学生部・学生生活支援課では、学生の課外活動再開のためのガイドラインを作成し、夏休み期間中からの活動再開を支援していくこととなりました。このことにつき、危機管理ステージの「学生活動」に係る箇所を一部改訂することとなりましたので、再開に向けて、しっかりと準備していただくようお願いいたします。

北星学園大学における危機管理ステージ下での課外活動に関するガイドラインについて

北星学園大学

夏季期間の窓口等利用について、下記の通りお知らせします。
 ※今期は新型コロナウィルス感染症対策のため、状況に応じて変更となる場合があります。

2020年度夏季期間の窓口等利用のお知らせ(予定)

7月18日(土)に実施した第1回学内TOEFLのスコアを返却します。
受験者は学生証を持参して、社会連携課窓口(C館1階)まで受け取りに来てください。
なお、代理受領は出来ません。必ず受験者ご本人が受け取りに来てください。

窓口取扱時間: 8:45~11:30、12:30~17:00

みなさま

学生部長  中 村 和 彦

 100日前の5月1日。一人ひとりの行動が何よりも大切であること、「自分の生活の見直しと工夫」に力を注いでほしいこと、不透明な中にあっても、確実に前を見通せるようになるはずであること…。みなさんにお伝えしなければならない思いに駆り立てられ、ささやかなメッセージを発信しました。長いトンネルからの出口が見えかけているような気もしますが、出口の傍まで行ってみたら、そのトンネルには、まだ先があったことを知った・・・そんな心境です。みなさんはいかがですか?

とはいえ、ただ立ち止まっているわけにもいかず、みなさんは、私たちは、いろいろと考え、いろいろと工夫し、前進してきました。5月11日から始まった非対面による前期講義も残り4週間を切りました。今週から一部の科目では大谷地キャンパスでの対面講義がスタートし、COVID-19の感染予防対策を講じた上で、状況を冷静に判断しながら、徐々に対象科目を広げていく予定になっています。

 ところで、2020年度大学祭を例年通りの実施は難しいと判断し、「中止」を公表しました。この間、大学祭実行委員会の幹部の方とZoomと対面、二度にわたって話し合いをおこないました。現下の状況からは、実施に伴う感染リスクを打ち消すことができず、「中止」の判断を相互に確認しました。他方で、ほとんどキャンパスに来れていない1年生のことを考えた新たな計画があることが示され、ポジティブな姿勢に勇気づけられ、実現に向けた支援を考えていきたいと思っています。

 また課外活動についてですが、サークル代表とのZoomミーティングを実施するなかで、現状の把握、不安、また要望をお聞きすることができました。現在はオンラインによる課外活動のみ認めているところですが、「しない/させない」ではなく、どのようであれば再開することができるのか、具体的に検討しているところです。感染状況が落ち着いていることが大前提ではありますが、あまり遠くないうちに再開への道筋を示すことができるのではないかと考えています。

 新しい知識やスキルを得、なかなか答えの見つからない問題にチャレンジする姿勢と力量を身に付け、自分の夢や目標実現のために、主体的に学ぶのが大学生であり、大学は、そのための「場」といえます。その際に、講義や演習、実習等を通じた「学び」が中心であることに変わりありませんが、キャンパスに集い、友人や仲間と語り、課外活動を通じ絆を固く結び、切磋琢磨することの重要性を、この半年余りのなかで、私自身強く自覚するようになりました。対面講義の実施とともに、課外活動の再開に向けて、慎重にではありますが、一歩前に進めていければと思っています。

 今後は、これまで以上に、「自覚」を「実行」に移し、それを「継続」することが大切になってくるでしょう。COVID-19の感染対策でいえば、感染しない、感染の媒介者にならないことへの「自覚」を持ち、「密」状態を作らず、日々の体調確認、手洗い、うがい、消毒の「実行」と「継続」に他なりません。そのような個々の継続的実践をベースにして、その先を見据えて、確実に一歩一歩前進していきましょう。

就職のことで不安を抱えながらも活動をしているあなた、課題が多く四苦八苦しているあなた、個人でのトレーニングから仲間との練習を待ち望んでいるあなた、話し相手や友人を作りたいと思っているあなた、それぞれがそれぞれの状況のなかで、悩みながらも前を向こうとしているに違いありません。必要な時には、いつでも、どんなことでもかまいません、その声を北星に届けて下さい。

 来月中旬からは夏季休業期間に入ります。これまでのような夏休みの計画を立てることは難しいでしょう。大谷地キャンパスに来ることなく夏季休業に入る学生さんもいることでしょう。感染対策も加え、例年以上に、事故やさまざまな被害にあわぬよう細心の注意を払って下さい。

改めて、一人ひとりの「知恵」を結集し、「寛容」の精神を大切に、的確な「判断」のもと、継続する難局を乗り越えていきましょう。

 2020年10月10日(土)に開催を予定しておりました北星学園大学祭は,新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み,中止とさせていただくことになりました。
 このことについては,大学祭実行委員会と大学教職員との間で検討した結果,準備や実施において,新型コロナウイルス感染防止対策を十分にとることが難しいことから, 学生及び教職員並びに一般来場者の方々の健康と安全を第一に考え,誠に残念ではありますが,2020年度大学祭の中止を決断するに至りました。
大学祭を楽しみにされていた皆様におかれましては,誠に申し訳なく思いますが,御理解のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます。

北星学園大学・北星学園大学短期大学部
学生部長 中村 和彦

現在の遠隔授業の実施状況は下記のとおりです。

Moodle

 正常 ○

zoom

 正常 ○

office365

 正常 ○

在学生、ご家族、教職員、関係者の皆様へ

北星学園大学 北星学園大学短期大学部
全学危機管理委員会

 北海道では、「新北海道スタイル」の実践による感染拡大を防止しつつ、制限を段階的に緩和していくこととなっており、本学においても「危機管理ステージ」と前期授業期間での対面式授業の段階的再開について、慎重に議論を重ねてまいりました。
 この度、対面授業の一部開始(7月20日以降)に伴い、「危機管理ステージ」を一部改訂し、7月13日(月)からは「ステージ2B(制限-中から小)」に引き下げることを決定いたしました。
 今後も北海道の緩和ステップや感染状況を確認しつつ、学内制限の段階的緩和を目指していくこととなりますが、「生命」と「健康」を守り大学教育を実践していくために、再度、「危機管理ステージ」の引上げを行う場合もありますのでご承知おきください。

1 / 4812345»