学生相談室(心の相談)

 

学生相談室について

学生相談室って?

support_img

学生相談室は、学生生活を送る上で出会う様々な悩みについて相談できる場所です。 一般に、大学時期は、大きな変化を迎えます。学業・就職・サークル活動・アルバイトなどの新たな環境で、今までに経験のない出来事や人間関係に出会い、様々な選択や決定を迫られることが少なくありません。壁にぶつかり行き詰まったとき、立ち止まって考えなくてはならない問題に直面したとき、新しい考え方や対処法を見つける必要を感じたときには、学生相談室に相談に来てください。また、相談内容によっては、より適切な機関や窓口を紹介することも可能です。 相談には、常駐する専任カウンセラー1名のほか、3名の相談スタッフが交替で応じています。全員が経験豊富な臨床心理士です。皆さんの学生生活がより充実したものになるように、お手伝いします。

学生相談室だより「Lila」

誰でも利用できるの?

学部生、大学院生、研究生、科目等履修生など、本学の学生であればどなたでも利用できます。もちろん休学中の学生も利用可能です。保護者の方からのご相談も受け付けます。 相談内容については、秘密を守ります。安心して来室してください。

相談方法

電話とメールで予約を受け付けています。 一人でも、家族や友人と一緒に来室しても構いません。
TEL(直通) 011-891-3929
e-mail(予約受付のみ) gakuseisoudan@hokusei.ac.jp
利用時間 〔平日(月~金)〕 9:00〜17:00

※夏季・春季休業期間中も平日のみ開室していますが、開室時間やスタッフ体制が変更になりますので事前に学生相談室カレンダーを確認してください。

例えばこのような相談を受けています

大学生活のこと
  • 学生生活に充実感がない
  • 勉強に身が入らない
  • 大学を休学、退学したい
  • サークルのことで悩んでいる
自分のこと
  • 何をするにも自信がない
  • 生きている実感がわかない
  • 自分を見つめなおしたい
恋愛関係
  • 交際相手とうまくいかない
  • 別れた相手のことが忘れられない
  • 恋愛に不安がある
心の健康
  • 眠れない
  • 落ち込んで何もしたくない
  • 人前に出ると緊張しうまく話せない
将来のこと
  • どういう職業に就きたいかわからない
  • 進学か就職か迷っている
対人関係
  • 人との関わりがうまくいかない
  • 本音で話せる友人がいない
  • 人間関係に疲れた
  • 家族との関係がうまくいかない
日常のこと
  • アルバイト先のことで悩んでいる
  • ハラスメントを受けた
  • 悪徳商法や自己啓発セミナーで困っている

精神科医による「心の健康相談」

学生相談室では、月に2回精神科医による「心の健康相談」を行っています。気になる症状がある場合や医療機関の受診を迷っている場合など、精神医学的な立場からアドバイスを受けたいときに、是非ご利用ください。実施予定日は学生相談室カレンダーでお知らせします。 利用を希望される方は、学生相談室へ申し込んでください。

学生相談室はA館1階にあります

地図:学生相談室 画像:バーチャル相談室
 
入口
①入口
待合コーナー
②待合コーナー
スタッフルーム
③スタッフルーム
面接室1
④面接室1
写真:面接室2
⑤面接室2
写真:やすらぎルーム
⑥やすらぎルーム
写真:りらルーム
⑦りらルーム
図書コーナー
⑧図書コーナー

オープンスペースについて

「やすらぎルーム」「りらルーム」は、学生のみなさんが自由に過ごせるオープンスペースです。 特に相談のない学生も自由に出入りして利用できますので、気軽に立ち寄ってみてください。

図書コーナー

学生相談室内の一角に図書コーナーがあります。こころに関する本から、漫画や小説など多彩なジャンルを用意しています。貸し出しも行っていますので是非ご利用ください。

相談スタッフ

カウンセラー 中谷 紫乃(なかや しの)(臨床心理士)

「悩むための場所として」

相談スタッフ

自分のこころに耳を澄ませ、悩みを“自分ごと”として悩むことは、自分を大切にすること、人生を丁寧に生きることだと、私は思っています。悩みに目を向け、その悩みに対して自分なりの答えを見つける作業は、ひとりではできません。「場所」と「相手」が必要です。そのために学生相談室があります。皆さんの学生生活が豊かなものになるように応援したいと思います。遠慮なくご活用ください。


相談員 安部 美紀(あべ みき)(臨床心理士)

「悩んだ時に」

大学生活は、これまで以上に多様な体験ができる時期です。限られた時間を最大限に利用し、充実した生活を送って欲しいと願っています。とは言っても、時には上手くいかずに悩むことがあるかもしれませんよね。それは決して気持ちのいい体験ではないと思いますが、悩みに向き合ってみることで何か得られるものもあるのではないでしょうか。悩んだ時には考える場として相談室がある、と覚えていて下さいね。お待ちしています。


相談員 三谷 愛(みたに あい)(臨床心理士)

「気軽な相談場所です」

悩みや迷いはあまり楽しいものではないですよね。けれど、生活していく上でなかなか避けては通れないし、新しい経験が広がる大学生活ではなおのことと思います。一人では解決が難しそうな時、誰かに聞いてもらいたい時、「こんな相談でもいいのかな」と思わずに、気軽に学生相談室にいらしてください。皆さんのことをお待ちしています。

相談スタッフ

カウンセラー 中谷 紫乃(なかや しの)(臨床心理士)

「悩むための場所として」

相談スタッフ

自分のこころに耳を澄ませ、悩みを“自分ごと”として悩むことは、自分を大切にすること、人生を丁寧に生きることだと、私は思っています。悩みに目を向け、その悩みに対して自分なりの答えを見つける作業は、ひとりではできません。「場所」と「相手」が必要です。そのために学生相談室があります。皆さんの学生生活が豊かなものになるように応援したいと思います。遠慮なくご活用ください。


相談員 安部 美紀(あべ みき)(臨床心理士)

「悩んだ時に」

大学生活は、これまで以上に多様な体験ができる時期です。限られた時間を最大限に利用し、充実した生活を送って欲しいと願っています。とは言っても、時には上手くいかずに悩むことがあるかもしれませんよね。それは決して気持ちのいい体験ではないと思いますが、悩みに向き合ってみることで何か得られるものもあるのではないでしょうか。悩んだ時には考える場として相談室がある、と覚えていて下さいね。お待ちしています。


相談員 三谷 愛(みたに あい)(臨床心理士)

「気軽な相談場所です」

悩みや迷いはあまり楽しいものではないですよね。けれど、生活していく上でなかなか避けては通れないし、新しい経験が広がる大学生活ではなおのことと思います。一人では解決が難しそうな時、誰かに聞いてもらいたい時、「こんな相談でもいいのかな」と思わずに、気軽に学生相談室にいらしてください。皆さんのことをお待ちしています。