奨学金・学費・実習費のお知らせ

4月17日(金)に開催を予定していた日本学生支援機構奨学金の新規申し込み説明会について、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、急きょ中止することとなりました。

 中止に伴い、この説明会に参加を予定していた学生はまず、必要事項を記載したメールを必ず申込みをされる学生本人から4月20日(月)までにお送りください。また、不明な点がある場合はあわせてお尋ねください。

 なお、給付型奨学金(高等教育の修学支援制度)の申込みを希望する場合は、日本学生支援機構のホームページより「進学資金シミュレーション」を行って、採用となる見込みがあることを確認してからお申込みください。

◆ 必要事項
① 学籍番号、名前
② 希望する奨学金種別【第一種奨学金・第二種奨学金・給付奨学金】
③ 電話番号(連絡の取れない時間帯がある場合はその時間帯)
④ 住所(書類郵送先)
⑤ その他(質問等があれば)

◆ メール 
北星学園大学 学生生活支援課 奨学金担当
hokusei-dai-syougaku@hokusei.ac.jp

4月6日、7日に開催された説明会に既に出席されている方は、予定通り書類を受け付けていますので、期日までに書類を提出してください。
(メールを送る必要はありません。)

新型コロナウィルス感染症の影響拡大に伴い、感染リスクを最小限にするため、各種学費等減免の申請手続きについて、以下の通り対応いたします。

【本学独自の減免制度について】
各種減免の申請については、 郵送にて受付いたします。
各種減免願を出力し必要書類を添付の上、財務課 経理・財務係 までお送りください。
事情により申請期間内に提出が難しい場合は、財務課 経理・財務係までご相談ください。
なお、減額後の振込用紙につきましては、保証人様宛にお送りさせていただきます。

兄弟姉妹同時在学者減免(大学院・大学・短大部)
申請期間 4月中旬 5月8日(金)まで 手続きが未だの方はお知らせください。(毎年度願出が必要です。)
内  容 兄弟・姉妹等で大学、短大部、大学院に同時に2人以上が1年度を通じて在学している場合に、下級年次に在学籍している学生の当該年度の「教育充実費」相当額を免除します。戸籍謄本(写)の添付をお願いしています。(ご家族全員が載っているもの)
減免申請書 兄弟姉妹等減免
兄弟姉妹減免願_3名以上追加分
口座連絡票 口座連絡票
減免の対象となる教育充実費を既にご納入いただいている場合は、減免願受理後にご返金させていただきます。
(新入生は入学一時金として頂戴しているため、返金が発生いたします。在学生については、前期分の授業料を既に納入済みの場合は、返金が発生いたします)
必要事項を記入し、減免申請書と共にご提出ください。

身体・精神障害修学者減免(大学院・大学・短大部)
申請期間 4月中旬 5月8日(金)まで 手続きが未だの方はお知らせください。(毎年度願出が必要です。)
内  容 身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持し、本学の定める単位数を取得している場合、当該年度の「教育充実費」年額の1/2相当額を免除します。それぞれの手帳の写しの添付をお願いしています。
減免申請書 身体・精神障害者減免願

入試成績特別奨学賞(大学・短大部)
申請期間 4月13日(月)~4月20日(月) (毎年度願出が必要です。) ※1年生は手続き不要です。
減免申請書 該当者に配布済み。(オリエンテーション資料同封の学費等振込用紙にホチキス止めで添付)
留年生減免(大学・短大部)
申請期間 4月13日(月)~5月8日(金) 手続きが未だの方はお知らせください。
減免申請書 該当者に配布済み。(オリエンテーション資料同封の学費等振込用紙にホチキス止めで添付)
注意事項 配布済みの学費等減免願に、履修登録確認表(一覧型)を添付の上、提出してください。
※履修登録確認表は履修登録確定後に印刷してください。

 

【国の減免制度について】

高等教育の修学支援新制度(給付奨学金・授業料等減免) (大学・短大)

対象者:4月に本学で日本学生支援機構給付奨学金に申し込みを行い、スカラネット下書き用紙提出時に授業料等減免申請書を受け取った新入生及び在学生

5月15日(金)までにレポートボックスに投函するようご案内いたしましたが、郵送での提出を受け付けます。
財務課 経理・財務係 までお送りください。

問い合わせ先 平日 10:00~16:00
       北星学園大学 財務課 経理・財務係 TEL:011-891-2731(代表)

送 付 先  〒004-8631
       札幌市厚別区大谷地西2-3-1 北星学園大学 財務課 経理・財務係

・新入生の第1期(前期)分学費の納入期限は3月末日となります。
・新入生以外の第1期(前期)分学費の納入期限は4月末日となります。

新入生の前期分学費以外の振込用紙は各学年のオリエンテーション資料に同封しますのでご確認ください。

なお、高等教育の修学支援新制度(日本学生支援機構給付奨学金)の予約採用候補者及び4月に申込を検討している学生の授業料等学費(前期)の取扱いにつきましても、オリエンテーション資料に同封する説明資料にてご確認ください。

2020年度 オリエンテーション日程についてはこちらをご覧ください。

日本学生支援機構奨学金予約採用候補者の授業料等減免に係る申請書について

対象者:高校在学時に日本学生支援機構奨学金給付奨学金を申込み、採用候補者決定通知を受け取った方 (新1年生)

2020年4月から開始される「高等教育の修学支援新制度」による授業料等減免を受けるためには、大学へ【授業料等減免申請書】を提出する必要があります。

こちらから減免申請書を出力し必要事項をご記入の上、進学届下書き用紙と共に提出してください。

 ※パスワードは奨学金説明会でお知らせしております。
 ※授業料等減免申請書はA4サイズで出力し、提出してください。
 ※未提出の場合は、減免を受けることができません。

※提出が必要なのは給付奨学金に採用された学生のみです。

提出期限と場所について

説明会で配布した資料をご確認ください。
なお、新1年生以外の授業料等減免申請については、スカラネット下書き用紙提出時にお渡しをいたします。

授業料等減免申請書についての問い合わせ先:財務課

新型コロナウイルスの影響により、経済的な不安を感じている在学生・入学生の皆さんへ
 今回の新型コロナウイルス感染症の影響により、経済的に不安を抱えている方も多いかと思います。日本学生支援機構及び本学では、下記のとおり、生活支援にかかる奨学金制度や授業料の延納措置を準備しておりますので、不安を抱える皆さんは学生生活支援課にご相談ください。

1.家計が急変した学生への支援制度等について
(1)緊急採用・応急奨学金制度について(貸与奨学金/日本学生支援機構) 新型コロナウイルス感染症の影響などで家計の急変があった者へ奨学金を貸与する制度
※日本学生支援機構ホームページ https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html
(2)高等教育修学支援新制度について(授業料等減免・給付奨学金/日本学生支援機構)【学部生のみ対象で2020年4月から運用】 新型コロナウイルス感染症の影響等で家計の急変があった者へ授業料等の減免・奨学金を給付する制度
※文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/content/20200326-mxt_gakushi01-000006193_01.pdf
(3)授業料の延納措置について 経済的その他止むを得ない事情によって、期限までの納入が困難な場合は、学費等延納制度により納入期限を延伸することが可能です。また、新型コロナウイルス感染症の影響により、家計の経済状態が悪化し、授業料を期限内に納付することが困難になった場合も同様に納入期限を延伸することが可能です。(なお、担当部署は財務課となります。)
(4)国の教育ローンについて 日本政策金融公庫の「国の教育ローン」として教育のために必要な資金を融資する制度
※日本政策金融公庫ホームページ https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

2.お問合せ先 北星学園大学 学生生活支援課 TEL:011-891-2731 Mail: hokusei-dai-syougaku@hokusei.ac.jp

高校在学時に日本学生支援機構奨学金(「貸与奨学金のみ」「給付奨学金のみ」または「貸与奨学金と給付奨学金の両方」)に予約採用を申請し、採用候補者決定通知を受け取って認められた方を対象にした説明会を下記の通り行いますので、該当者は必ず出席してください。 

  • 日時
    ・文学部・経済学部4月6日(月) 10:00~11:30
    ・社会福祉学部・短期大学部4月7日(火) 10:00~11:30
  • 場所
    ・文学部 A館3階A305教室
    ・経済学部 図書館4階AB 教室
    ・社会福祉学部 A館3階A305教室
    ・短期大学部 A館5階A503教室

 

【当日持参するもの(高校から予約採用候補者の皆さんへ交付済みの資料一式)】

  • 「令和2年度大学等奨学生採用候補者決定通知」【進学先提出用】
  • 「令和2年度貸与奨学金 採用候補者のしおり」 など

*「令和2年度貸与奨学金 採用候補者のしおり」を紛失した場合は、日本学生支援機構ホームページから出力可能ですので、説明会までに各自印刷し、当日持参してください。

◎入学時特別増額貸与を希望する方で、採用通知上に(日本政策金融公庫の手続き必要)と記載がある方は、以下2点も持参して下さい。

  1. 「入学時特別増額貸与奨学金に係る申告書」
  2. )融資できない旨を記載した日本政策金融公庫発行の通知文のコピー

*入学時特別増額貸与を辞退される方は、以上2点は不要です。

【重要】
*予約採用候補者ではないが奨学金を希望する学生、予約と別の種別(一種・二種・給付)との併用、移行を希望する学生は《同日14:30~》に説明会があります。キャンパスガイド奨学金のページ・奨学金掲示板も確認した上で出席してください。
※北星学園独自の奨学金(給付型)に関する説明会は、5 月以降開催予定です※

 

下記のとおり日本学生支援機構奨学金(貸与型 ・給付型)の申込説明会を開催しますので、奨学金を新たに希望する学生は必ず出席してください。

なお、止むを得ない理由で出席できない学生は、事前に学生生活支援課奨学金窓口⑪ 番まで申し出てください。
注1:説明会に出席しない学生は奨学金を申込むことが出来ませんので注意してください。

  • 4月6日(月) 文学部・経済学部 1 ・4 年次対象
    場 所: AB教室(図書館4階)
    時 間: 14:30~16:00
  • 4月7日(火) 社会福祉学部・短期大学部 1 ・4 年次 対象
    場 所: AB教室(図書館4階)
    時 間: 14:30~16:00
  • 4月17日(金) 大学・短大部 全学年対象
    場 所: AB教室(図書館4階)
    時 間: 14:30~16:00

 

【重要!!】 下記の学生は出席する必要はありません!!

  1. 高校で支援機構奨学金の採用候補者として決定しており(決定している方は高校から大学等奨学生採用候補者決定通知が配布されています)、支援機構の他の種別の奨学金との併用または移行を希望しない学生
  2. 編入生で支援機構「第二種」を継続し、支援機構「第一種」奨学金を希望しない学生
  3. 現在、支援機構奨学金を貸与中で、支援機構の他の種別の奨学金との併用または移行を希望しない学生

※北星学園独自の奨学金(給付型)に関する説明会は、5月以降開催予定です。
 

日本学生支援機構 貸与型奨学金 継続説明会について

下記奨学生は必ず継続説明会に出席してください。

対象学生
★現在、日本学生支援機構奨学金を貸与されており、2020年度4月以降も継続して奨学金の貸与を希望する学生(休学予定者含む)。
★2020年度4月からの継続を希望しない学生(辞退・退学予定)についても、奨学金の手続きが必要になりますので、下記日程に従い必ず説明会に出席してください。

説明会日程
日時を間違わずに、自分の所属する学部のいずれか1日のみ出席してください。
※どうしても所属学部の開催日に都合がつかない場合は、他の学部の説明会に出席してください(収容人数に限りがありますので、可能な限り所属学部の説明会にご出席ください)。
奨学金辞退・退学を検討しているが、決定していない学生は継続希望者向け説明会に出席してください。継続説明会に出席したうえで辞退を希望する場合は、改めて辞退者向け説明会に出席してください。
併用貸与者で、一方の種別を継続、一方の種別を辞退希望の学生は両方の説明会に出席してください。

奨学金の継続手続きを完了しなければ、2020年4月から奨学金が廃止されます。

                                                

◎2020年4月以降も奨学金継続を希望する学生

《次年度継続希望・次年度休学予定者》

※休学予定者も継続手続きが必要です。

経済学部 1月8日(水)または 1月14日(火)
大学院
文学部
短大部
1月9日(木)または 1月15日(水)
社会福祉学部 1月10日(金)または 1月16日(木)

(いずれも16:30~18:00 図書館4階 AB教室)
※継続説明会に出席したうえで、辞退説明会に出席することも可能です。

                                                

◎2020年4月以降、奨学金継続を希望しない学生

《2020年1月~3月の間で辞退希望・年度末退学予定者》

学部は問いません。

  • 日 時:1月20日(月) 12:10~13:00
  • 場 所:C館4階 C402教室

☆印鑑をご持参ください。

*2020年度から実施される新たな給付奨学金制度への採用を希望し、既に申込みしている場合であっても、新たな制度の基準に合致せず不採用となる可能性もあるため、今回の継続説明会には必ず出席し、安易に辞退を選択することは避けてください。

※講義等止むを得ない理由で出席できない場合は、事前に学生生活支援課奨学金⑪番窓口に、申し出ること。
尚、説明会の案内を、別途郵送しています。

2 / 41234